専業主婦の涙ぐましい努力と苦労

東京都の主婦です。

専業主婦、今時は割合的にも随分と減ってきているのではないでしょうか?共働きの中、なんとなく肩身が狭い思いになったり金銭的にもきつく感じたり。でも、子供の幼稚園の間だけ都合よく働かせてくれる会社もそうそうあるわけではありません。全員近くに頼れる親がいるわけでもありません。世の中には働きたくても働けない女性がまだまだ沢山いるのが現状です。

 

私もその中の一人ですが、やはり一番の問題はお金。マネーです。自分が働いていない分、しっかりと金銭管理しなくてはなりませんが、そうは言っても日々の子供の教育費や住宅ローンなどで支出は増えるばかり。

我が家の場合、一番大きいのはやはり住宅ローンです。できれば余裕のある住宅ローンを組みたかったのですが、主人の交通、娘の学校、建物の内装など、トータルしてほぼ満足を得られる物件はやはり余裕のあるローンでは組めませんでした…。

そんなわけで、重要な支出は減らせない中、一番削れるのは悲しいかな自分の事。まずは洋服。昔(遠い昔の独身の頃)は2,3万する服も気に入れは購入していたのに、今ではしまむらの500円の服とか喜んで買ってます。しまむらさんは本当に主婦の味方で助かってます。

そして次は美容院代。一回行くと1万ぐらいは普通にかかってしまうので、行く機会がどんどん遠のいてきます。そもそも働いてないですし(家事、育児という無償労働は365日してますけどね)なんとなく自分の事に高いお金をかけるのは気持ち的にも忍びないわけです。

ママ友との付き合いも私の場合、ほぼありません。たまにあると、電車代とか1200円とかしちゃうパンケーキを食べてみたり、結構お金が飛んでいきます。なので頻繁にするわけにはいきません。たまーにのご褒美程度ですね。周りのママ友が脱毛にお金を使っているなか、私には無縁のものとなっています。(ちなみにママ友が教えてくれたサイトはこれ・・・脱毛町田

 

そのような感じで、自分の事から削ることが最優先になってしまう悲しい主婦、世の中には結構いるんじゃないでしょうか?逃げ恥にも出てきたこのテーマ、専業主婦にも給料が支払われたらいいのにな、と日々思わずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です